FC2ブログ
おでぶにゃんこ徒然日記 ホーム »凛花
カテゴリー「凛花」の記事一覧

動物病院ジプシー  

りんかの皮膚の状態が良くありません。。。。

私が病気になって以来、2時間かけて通っていた病院に通えなくなり、

現在はおでぶにゃんこの住む町にある病院に通院中なのですが、

なんだか堂々巡りの感がぬぐえない!!

思い切って皮膚科のある鳥取大学動物医療センターをセカンドオピニオンとして紹介してもらえないか頼みました。

おでぶにゃんこ地方からは車で6時間くらいかかるでしょうか

今週金曜日に受診予約入れました。


おでぶにゃんこ、りんかの為ならエ~ンヤコラ


それでもまだ状態が良かった春頃の写真です。(患部は向こう側に隠れていて見えません)

2012年7月14日

かわいい首輪買ってもらったんでしゅよ


category: 凛花

解放  

部屋中を元気に走り回る凛花を見て、「1階に連れて降りてやったら?その方が目も届くし」と主人が言うので


実に真菌騒動以来はじめて、家の中全部フリーにしてみました。



そして随分前から買ってあったのですが、ガーゼ交換がいる間は使用できずにいた洋服を着せてみました。




ところが


この洋服がかなり大きくて・・・・・


足も手も「殿中でござる」状態(笑)


でも私は以前から申しておりますとおり超不器用!!裁縫は大嫌い!!


そこで隣に住む義母にSOS


手、足の長い部分を切ってゴムを入れてもらいました。


みにゃさん、どうでしゅか?


IMG_1594.jpg


IMG_1595.jpg


もうちょっと足の部分を切ってもよかったかもね~


これで傷をなめなければカラーをはずしてやることができるかもしれません。




今日は生まれてはじめてこたつに入ったんでしゅ

お雛様を飾るお手伝いもしたんでしゅよ


わたちのおひなさま綺麗でしゅ

IMG_1592.jpg

category: 凛花

tb: 0   cm: 5

キャットタワー制覇の日も近い??  

凛花が退院してから一ヶ月と一週間が過ぎました。

退院当時はごはん以外は寝てるだけだったのに、ずいぶんいろんな事が出来るようになりました。

そして動きもスピーディに!!



狙って狙って~
IMG_1532.jpg

ダッシュ
IMG_1531.jpg

こんなところに逃げ込んでも無駄でしゅよ~
IMG_1533.jpg

チャイチャイ
IMG_1534.jpg

トンネルの中へもダッシュ
IMG_1535.jpg

足の爪と手の爪と両方砥いでましゅ。わたち、頭良いでしゅ
IMG_1537.jpg

飼い主の願望もあるのですが、

おしりにみすぼらしいガムテープが貼ってあること、毛が生え揃っていないことを除けば

普通の猫さんと変わらなくなってきたな~と思う今日この頃です。


再びキャットタワーを制覇できる日も近い??

category: 凛花

新しい作戦  

以前、華麗なるガムテ貼りのワザをもってしても、
IMG_1464.jpg

洋服の生地のない部分はガーゼが浮き上がり、そこから凛花が傷口を舐めるとい記事を書きましたが


その後さらに試行錯誤を重ね


ついにたどり着いたのがこちら

ネットホータイ
IMG_1523.jpg


どのように使うかというと

IMG_1526.jpg

それでもやっぱりガムテープは貼る^^;

お~ほっほ!!今度こそ完璧よ!!


さすがの凛花もこれでは舐められまい!!


数時間後、凛花部屋に行ってみると。。。。。。



脱ぎ捨てられておりました

が~~~~~~~ん

エリザベスカラーもしていたのに、どうやって??


この方法を思いついた時、私って天才じゃない??ってくらい喜んだのに(泣)


ガムテープでの固定の仕方にさらなる精進が必要のようです。



土曜日のランチ

一声楼にて和洋懐石を頂きました。

IMG_1512.jpgIMG_1516.jpgIMG_1518.jpgIMG_1521.jpgIMG_1520.jpgIMG_1522.jpgIMG_1517.jpg

土曜日ということもあり店内はお客さんでいっぱいでした。








category: 凛花

定期通院と凛花の病気について  

土曜日はまたまた往復4時間ドライブの日でした


2012_01230002.jpg
おとうしゃん、安全運転でお願いしましゅよ

助手席の私のひざの上でご機嫌です。


凛花はしんのすけと違い病院でも落ち着いたものです(病院慣れしてるせいもあるかも^^;)


看護士さんに抱え上げられた時に「りんちゃん、ずっしり重くなりましたね~」と言われ

「そうでしょ~?」と自信満々に応えたのに、体重は全く変わってませんでした

傷は順調に小さくなりつつあります。

当面の目標はこの傷を早く治して、シャンプーしてエリザベスカラーをはずすことです!!

がんばろうね!!




猫友rambyさんのご紹介で凛花と同じ皮膚無力症の猫さんと暮らしていらっしゃる

tarataraさんにお話を伺うことが出来ました。

「皮膚無力症」についてはtarataraさんがブログ猫がおしえてくれること。に愛猫しろちゃんのケースと病気について詳しく書いてくださっています。

許可を頂いてリンクさせていただきました。


凛花の場合も皮膚がびろ~んと伸びる事、縫合した箇所からどんどん裂けたこと、短時間に広範囲にわたって裂けていること、病理検査の結果、壊死も炎症もないことなどから皮膚無力症と判断されました。


非常に珍しいと言われる皮膚無力症ですが、こうして経験者の方から直接貴重な体験を伺えた私は本当にラッキーです。

「怪我はしますが元気に暮らしています」と言う言葉にどれだけ勇気と希望をもらったかわかりません。


tarataraさんに教えていただいた注意事項を守りながら、上手に病気と付き合っていこうと思います。

tarataraさん、お忙しい時間を割いていただき本当に有難うございました。








category: 凛花

プロフィール

島根県の愛護団体

里親さま募集

ホームレスキャットHP

悲鳴がきこえますか・別館HP

猫の集会場HP

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カレンダー

カテゴリー

最近のトラックバック

▲ Pagetop