おでぶにゃんこ徒然日記 ホーム » 動物愛護 »はづきちゃんのこと・・・・その命に最後まで責任が持てますか?

はづきちゃんのこと・・・・その命に最後まで責任が持てますか?  

昨年8月に私たちがレスキューした1匹の猫さんの話です。

彼女の事をたくさんの方に知って頂き、そして「命ある者に対する責任」について考えていただきたいと思い、

おでぶにゃんこのブログでも紹介します。


******************

数年前に奥様を亡くされ一人暮らしだった飼い主が亡くなり

猫が1匹残されました。

IMG_3504.jpg
レスキュー時

ご近所の方にさえ、その存在を知られないまま、身動きの取れない小さなケージに入れられひっそりと生きていました。

私たちがレスキューし、病院に連れて行った時にはすでに末期の上皮癌と診断され、手術をしましたが腫瘍を全部取り除くことはできませんでした。


せめて残された時間は猫らしい生活をさせてあげたいと名前も分からないその子を「はづき」と命名し、

浜田動物愛護会☆マーブル☆代表の運営するねこはうすで余生を送っていました。


術後、病状が安定していた時期
はづき8

人間に対する信頼感も取戻しました。
はづき2

こんな穏やかな日々が少しでも長く続く事を願っていましたのに・・・

レスキューから9ヶ月

治療の甲斐なく、一昨日、午後静かに息を引き取りました。




一体いつからあの狭いケージの中でのただ生きているだけの生活を強いられていたのでしょう?

レスキュー時のはづきちゃんの姿を思い出す度、胸が締め付けられます。

はづきちゃんが家族に迎えられた時は、きっと幸せな毎日だったはずです。

それなのに

先に奥様が亡くなり、奥様が亡くなった後は飼育放棄の状態だったのでしょう・・・・・


猫は大切に飼育すれば20年生きます。

ペットを家族に迎えられる前に20年後のご自身の事を考えていただきたいのです。

ご自身に何かあった場合、飼育動物のお世話を託せるご家族がいらっしゃいますか??

その場合、ご家族の了解は取れていますか?

ご家族はご自身と変わらぬ愛情を注いでくださいますか?

私も含めペットと暮らしている方みんなに、

そしてこれからペットを迎えようとお考えの皆さんにもう一度考えていただきたいと思います。

はづきちゃんの死を決して無駄にしないために・・・・


私たちははづきちゃんの事、決して忘れません。

はづきちゃん、どうか安らかに!!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

category: 動物愛護

コメント

No title

今の時代は、「気軽にペットを飼える時代」となってしまい、命の尊さを軽視してしまってるように思えます。
はづきちゃんも亡くなった方の子供達や親族が引き取ってくれなかったのかな?と。
人の人生はその人が決められるのですが、ペットの人生はペット自身ではなく「人」によって左右されてしまいます。
この記事を拝見して、色々なことを再度考えさせられますね。
はづきちゃんのご冥福をお祈りします。

だいぱぱ #- | URL
2014/06/06 13:01 | edit

No title

☆だいぱぱさん
だいぱぱさんのおっしゃるとおりです。
だからこそ慎重でなくてはならないと思います。
はづきちゃんの飼い主には身寄りがありませんでした。
従兄弟という方がいらっしゃいましたが、その方もご病気で入院されることになって・・・

はづきちゃんの事たくさんの方に知って頂きたくて、重ねてこちらにもアップしました。

おでぶにゃんこ #- | URL
2014/06/06 13:53 | edit

No title

猫を保護するとき、必ず自分の年齢+20年を
考えます。

最後まで一緒に居られないのなら飼うべきでは
ないんですよね。
はづきちゃんの事で、もう一度それを改めて考えさせられ
ました。

辛い思いをしたね・・・思うだけで涙が出ます。

最期の九か月が、はづきちゃんの幸せであったと
信じたいです。
はづきちゃんのご冥福をお祈りします。

もねのかぎしっぽ #- | URL
2014/06/06 14:08 | edit

No title

☆もねのかぎしっぽさん
ありがとうございます。
「自分の年齢+20年」・・・良いフレーズですね。これで愛護週間までに啓発チラシ作らせてもらっていいですか?

「はづきちゃんのした辛い経験を二度と他の猫さんにさせてはならない」、
はづきちゃんの遺言だと思い私たちは啓発活動をしたいと思います。

おでぶにゃんこ #- | URL
2014/06/06 15:23 | edit

No title

猫とか犬かと『愛玩動物』と言われる動物は人が手をかけなくては生きていけないのに…
狭いケージで我慢して過ごしていましたね。

最後の9か月、穏やかに過ごせて良かったです。
お世話して下さって本当にありがとうございます。

はづきちゃん、安らかにお眠り下さいね。

miki #mQop/nM. | URL
2014/06/06 16:54 | edit

No title

☆mikiさん
奥様が亡くなった後どなたか里親様を探す事をしてくださっていればはづきちゃんはこんな事にならずに済んだかもしれません。
愛玩動物のしあわせは人間の手の中にあります。だからこそ生涯、愛情と責任を持って頂きたい、切にそう願います。

おでぶにゃんこ #- | URL
2014/06/06 18:25 | edit

辛い事です
家族として迎えたならば
最後まで家族として看とるのが
当たり前の事やのに
やはり諸事情とかもあったのでしょう
けれどとじこめっぱなしは許せません
ひどい虐待です
私も迎え入れる時は皆から色々言われますが
迎えた以上息子達にも責任は担ってもらいます
てゆーか
息子達の方が病気とかには敏感で
私がネチコチしてると叱られます
命の重みは生き物なら平等です
うまくいえませんが
はづきちゃんのご冥福を祈ります

コロリ達の母 #- | URL
2014/06/06 19:42 | edit

No title

☆コロリたちの母さん
明らかに虐待の域だったと思います。亡くなった人を悪く言うのはどうかと思いますが許せない!!とそう思いました。
コロリ家には常識ある息子さんがいらっしゃるから大丈夫ですよ!!

命の重みは平等・・・そう思わない人が多すぎます。
おでぶにゃんこ地方の飼い主による保健所への持ち込みで一番多い理由が「お年寄りの施設への入所」だそうです。
自分さえよければペットは保健所で処分されてもかまわないと言っているのと同じです。

おでぶにゃんこ #- | URL
2014/06/06 20:18 | edit

No title

こんにちは

色々と考えさせられました。
私も今から20年後といったら、
元気でいられるか、生きていられるか、わかりません。
もし今子猫ちゃんが目の前に現れた…
里親さんを探すしかないと思います。
今いる子達だって、
私が先に逝ってしまったら…
主人はちゃんと面倒を見てくれるだろうか?
今全然面倒を見ない主人に、猫たちを託せるだろうか?

もし、姉が突然この世を去ったら…
私は、実家の猫たちの面倒をみれるだろうか?
不安はたくさんあります。
絶対に先には死ねないと思いました。
頑張るしかありません。

はづきちゃん、つらい日々を過ごしたんですね。
でも、最後の9か月は幸せに過ごしたんだと信じています。
はづきちゃんのご冥福をお祈りします。

ちゃびmama #- | URL
2014/06/06 22:03 | edit

No title

☆ちゃびmamaさん
保護活動をする私たちも考えなければいけない問題ですよね。
私もこの度陽菜ちゃんを家の子にするときに本当に悩みました。
あと三年は札付きですしね^^;
もし自身に何かあった時に託せる方を探しておくことも必要ですよね。

はづきちゃん、代表が最後まで心をこめてお世話してくれました。
私がこの活動をしていて良かったと思うのは保護猫たちに里親様が決まったことよりもはづきちゃんをあの狭いケージから解放してあげることが出来た事です。

おでぶにゃんこ #- | URL
2014/06/07 13:13 | edit

No title

子ネコをうちの子にする時は いつも20年後の自分の年齢を考えます。
どうして はづきちゃんが 狭いゲージでの生活を強いられなければならなかったのか 病気になっても なぜ病院へ連れて行ってもらえなかったのか・・・・・・。
レスキューされて治療を受けられ
最後に残された時間が 幸せだったことで救われましたが。
深く考えさせられる記事でした。

はづきちゃんの ご冥福を心より お祈りいたします☆

犬白ママ #IFdljVkg | URL
2014/06/07 13:35 | edit

No title

心が痛みます。
飼い主が先に亡くなったり、高齢者が施設に入るために行き場の亡くなった犬猫のこと、近頃よく聞きます。
1人暮らしの老齢の親が寂しくないように小型犬をプレゼントした、なんていう話を聞くと、その先のことを考えているのか?と思ってしまいます。
はづきちゃん、さんざん苦労してしまったけど、それでも最後の数か月は幸せだったと思います。

woojyan #O5sb3PEA | URL
2014/06/07 20:55 | edit

No title

あの時は、シャンプーしてあげられず、すみませんでした。
はづきちゃんという可愛いお名前をもらっていたのですね。
はづきちゃん、安らかに。

chii #- | URL
2014/06/08 07:03 | edit

はづきちゃん、安らかに・・・・

はづきちゃん、
こんな小さなケージに閉じ込められていたなんて、酷過ぎます。
自分で世話ができないと思ったら、
誰かに相談して里親さんを探して欲しかったです。
おでぶにゃんこさんたちが救出して下さって、本当に良かった。
はづきちゃんが最後の9ヶ月を愛されて過ごせてよかったです。

私は子どもがいないので、もうこれ以上猫は迎えられないと思っています。
今いる子たちをみんな見送るまで、何とか頑張って生きなくては。

はづきちゃんのご冥福をお祈りします。




じゅり母 #sowQq82. | URL
2014/06/08 16:45 | edit

No title

☆犬白ママさん
ありがとうございます。
こんなひどいケースは稀だと思いますが、施設への入所、ペットは保健所へというのは日常的に起こっていることのようです。
まだまだおでぶにゃんこ地方は動物愛護の意識が低いんだと思います。
失礼ですが、特にお年寄りは・・・
これから大人になる子供達への啓発活動が重要ですね。

☆woojyanさん
一人暮らしのお年寄りにペットをプレゼントと言う話もよく聞きますね。
お年寄に万が一のことがあったら引き取ってくれるなら良いですけどね。。。。


☆chiiさん
ありがとうございます。
お願いしたものの、あの時点でシャンプーは無理でした。
済みませんでした。


☆じゅり母さん
ありがとうございます。
術後病状の安定していた時には階段を駆け降りて来たり、元気な姿を見せてくれていました。
最後の9ヶ月、猫らしい生活をさせてあげられた事、本当に代表には感謝しています。


最初から再発すると言われていましたので、ある程度覚悟はしていました。
でもレスキュー時のあの姿を思うと、はづきちゃんの死をこのままにしてはならない!!
そんな強迫観念にかられこの記事をアップしました。

私も今回陽菜ちゃんを家の子にしたので何が何でも生きないと・・・・

おでぶにゃんこ #- | URL
2014/06/08 18:29 | edit

No title

胸が苦しくなる話ですね。おでぶにゃんこさん方が見つけなければ、
9か月短い命だったはず。
最後、幸せを感じて生きていたと信じます。

つい最近聞いた話。
ペットショップでベンガルなんとかって高価な猫を購入したじーちゃん。
鳴き声がうるさいと2日後に返品しに来たそう。
通常返品なんて受けていないけど、そうなるとそのまま保健所・・・
なので引き取ったそう。
でも変わりにそのベンガルなんちゃらより安い猫をあげたとか。
じーちゃんのほうが先に死ぬだろと思った。
っつか、そのじーちゃんもじーちゃんだし、そのお店の人も間違ってると思う。
悲しいです。

nana-bata #4B33lOYw | URL
2014/06/10 13:35 | edit

No title

☆ナバちゃん
保護時のはづきちゃんの姿を思い出すと今も怒りがこみ上げます。

私たちは一人暮らしのお年寄りにはもちろん譲渡しませんが、愛護団体が譲渡しなくてもペットショップで購入できると事態は何も変わりませんよね。
人間の身勝手な都合により犠牲になる動物がどうすれば減るんだろうね~
悲しいことです。
そのおじいさんに家族がいておじいさんが死んだ後もその子が大切にしてもらえますように!!

おでぶにゃんこ #- | URL
2014/06/10 19:20 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://odebunyanko.blog31.fc2.com/tb.php/897-af0c61fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

島根県の愛護団体

里親さま募集

ホームレスキャットHP

悲鳴がきこえますか・別館HP

猫の集会場HP

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カレンダー

カテゴリー

最近のトラックバック

▲ Pagetop